自律神経失調症でお悩みのあなたへ

「なんだか調子が悪い…」「めまいがする…」
「息苦しい…」「眠りが浅い…」
「すぐイライラする…」

そのようなことでお悩みではないでしょうか?

○もくじ


自律神経失調症とは?

その名の通り、自律神経(交感神経・副交感神経)が何らかの原因によりバランスを崩し、それに伴って出てくる症状の総称のことです。

まず、ご安心下さい。
自律神経失調症は病気ではありません

上記に書いたように「総称」であり、大まかな「呼び名」に過ぎません。
そうです、自律神経失調症というのは、病名でもなければ、病気でもないのです。

この症状名は原因を特定できないドクターなどが不定愁訴などの患者に対し、納得させる目的でつける場合もあると言われています。

自律神経ってそもそも何でしょうか?

自律神経とは身体の状態を正常に保つための神経です。

例えば、呼吸や胃腸の働き、体温調節などは自分が意識しないでも身体が勝手にしてくれています。
この無意識下で身体がバランスをとろうとしている素晴らしい機能のことです。

自律神経には交感神経・副交感神経という2つの種類があります。

交感神経とは活動するための神経です。
副交感神経は休息するための神経です。

この2つの神経が状況や環境によって入れ替わり、身体の心身のバランスを整えてくれています。

交感神経が働くことにより、やる気が出たり、精力的に活動することが出来ます。
逆に副交感神経が働くことにより、氣分を落ち着かせたり、身体を休ませ休息することが出来ます。

現代社会では間違った生活習慣やストレスなどにより、交感神経と副交感神経のバランスを大きく崩している人がいます。
そのため、身体や心にさまざまな不調が現れています。

自律神経失調症の主な症状とは?

・身体的な症状

慢性的な頭痛/肩、首のコリ/背中や腰のハリや痛み/めまい/喉の異物感や締め付け/冷や汗や異常な火照り/動悸/ふるえ/激しい血圧の上下/突然緊張が襲う/生理不順/立ちくらみ/胃の圧迫感や吐き気/下痢や便秘/微熱/過呼吸、息ができない…など

・精神的な症状

人ごみに行けない/レジ待ちが耐えられない/電車にのるとパニックになる/情緒不安定/突然不安感や恐怖感に襲われる/イライラがおさまらない/眠れない/突然悲しくなる、涙がでる/抑うつ気分がつづく/今まで楽しんでいたことが楽しめない…など


自律神経失調症の原因とは?

当院では自律神経失調症の原因は、筋肉の過度な緊張、また過度な疲労と考えております。

通常、筋肉が緊張した後は、副交感神経が働き、筋肉を休めてゆるませます。

しかし、筋肉の緊張が慢性化すると、自律神経は交感神経に偏り、副交感神経が働きにくくなります。
その為、切り替えが上手くできなくなり、休むべき時に休めなくなります。

すると、朝になっても交感神経が働かず、なかなか起きられなかったり、夜になっても副交感神経が働かず、眠れなかったりします。

このように、自律神経のバランスが崩れると、身体が正常に機能しなくなり、不調を招いてしまいます。

では、過緊張、過疲労になる要因とは何でしょうか?

それは身体の悪い癖にあります。

日常の生活やストレスなど精神的に緊張を強いられる場面があったり、長時間同じ姿勢でいたり、緊張や疲労を積み重ねで、その状態が癖として身体に染みついてしまいます。

もちろん緊張や疲労することは当然のことであり、生命の営みの1つでごく自然なことです。

しかし、本来であれば、自律神経の働きによって緊張することに対して、休息することも当然働き、休めば元の状態に戻る、という調節をしてくれるはずです。

緊張という経験を、長期間に渡って積み重ねることにより、その状態が「普通な状態である」と、身体が認識してしまいます。

これが身体に染みつき悪い癖として脳から「緊張しなさい」という命令が出され、緊張状態から抜け出せなくなってしまうことが過緊張・過疲労を起こす要因です。

筋肉が緊張する場面とは

以下一例を挙げておきます。

疲労:肉体労働や、不自然な姿勢などで、特定の部位に負荷がかかると、その部分は常に緊張した状態になります。

精神的ストレス:人間は精神的にストレスがかかると、身体も緊張します。
人間関係が複雑化した現代社会では、常に緊張を強いられているといっても過言ではありません。

食べ物:添加物や農薬をはじめとした化学合成品は、人間の身体にとっては不自然な食べ物です。
その為、消化・処理できにくく、体内でその物質を分解するために、莫大なエネルギー(代謝酵素)を使うことになります。
実はこの際にも、身体は緊張しています。

薬の常用:薬の原料は石油です。
薬は身体にとっては異物です。
食べ物と同様、消化・処理するために、エネルギーを激しく消耗します。
そして基本的に薬は交感神経を刺激させる作用がある為、余計に筋肉を緊張させる要因となってしまいます。


自律神経と筋肉の関係

長年の研究により自律神経は筋肉と深い関係があり、お互いをモニターし合っていることがわかってきました。

どういうことかといいますと、
自律神経が交感神経に傾く → 筋肉を緊張させる
と同時に、
筋肉が緊張している → 自律神経を交感神経に傾ける
を行なっているのです。

ここでこの緊張状態が続くと交感神経が優位に傾いていきます。

交感神経が優位に傾いた状態になると心が緊張、興奮したり、不安、恐怖が押し寄せたりきたり、のどの渇き、動悸、呼吸の乱れなど自律神経失調症の症状が現れやすくなります。

これが自律神経失調症の正体の1つと考えられます。

当院での対応

当院では「優しいは心地良い 温かいは氣持ち良い」のコンセプトのもと、優しさと温もりある施術で筋肉をゆるめるきっかけを与え、バランスの良い状態を作っていきます。

筋肉をゆるめることにより、緊張も休息もできるバランスの良い筋肉の状態に戻していくということです。

身体の奥の深層筋が自然とゆるみ、筋肉の緊張から解放され、骨格が正されていきます。
骨格が正されると血流の流れが良くなり、神経伝達が促されます。
内臓器官の圧迫が取れ、正常な働きに戻してくれます。
これが本来人間が持っている自然治癒力であり、自分で治せる力は誰でも持っているのです。

日常で氣を付けたいこと

施術で身体を整えることはとても大切なことですが、1日24時間のうち、私たちが出来ることはたった1時間程度施術をしてきっかけを与えていることしか出来ません。
ということは、残りの23時間の過ごし方の方が大事になってきます。

あなたの今の症状は結果であり、結果には必ず原因があります。

そして、この原因は日常生活にあることがほとんどです。

過度な疲労、ストレス、食事、生活の乱れ、思考等、原因は様々で且つ1つではないことがほとんどです。

また同じようなことが起こらないようにするためには、この生活習慣の改善が、必須となってきます。

不調の根本的な解決や、快適な状態を維持する為には、身体にとってなるべく自然で、負担の少ない生活を送ることが大切になってきます。

自分でも出来ることはあります

朝日を浴びる

朝日を浴びることで、体内時計を毎朝リセットしましょう。
日光を浴びることによって、交感神経(活動の神経)が活性化します。
朝、交感神経のスイッチを入れておくことで、夜に副交感神経(休息の神経)が働き、しっかりと休むことがでます。

ぬるめのお風呂に浸かる

ぬるめ(体温+4°)のお風呂にゆっくりつかりましょう。
そうすることにより副交感神経が優位になり、リラックスでき筋肉がゆんでいきます。

呼吸法

自律神経バランスを整えるうえで、呼吸の効果はとても高いです。
いわゆる腹式呼吸(深呼吸)です。
ポイントは、ゆっくりと吐くことを意識することです。
まず吐いてからスタートです。
身体に溜まっている毒を出すイメージで長く細く吐ききってから、鼻から新鮮な空気を取り入れます。
息を吐く時に、副交感神経が高まり、筋肉をゆるめ、精神を落ち着かせます。
呼吸法はどこでも出来ますので、氣がついたら是非お試し下さい。

適度な運動

自律神経を整えるのに有効なのが、リズム運動です。
リズム運動は、身体の動きが同調することで、神経のバランスも整いやすくなります。
また、脳内ホルモンの分泌が整い、ストレスを予防する効果があります。
おすすめは散歩ですが、時間がない人は、踏み台昇降でも大丈夫です。
日ごろから、身体を動かす習慣をつけましょう。

食事に氣を付ける

現在、世間に出回っている食べ物の多くは、添加物や農薬などにまみれたものばかりで溢れています。
異物は体内で分解するだけでも大量のエネルギーを使い、交感神経を極めて高めます。
出来るだけ、自炊を心掛けるようにして、ファーストフードやコンビニの弁当などは、なるべく避けるようにしましょう。

感謝する

これは私が最も大事にしていることです。
今のお辛い症状は何かに氣付かせてくれるためのきっかけでもあると思っています。
お辛いのは充分承知です。
しかし、少し今までのことを振り返ってみましょう。
身体に無理をかけていなかったか、暴飲暴食していなかったか、労ってあげていたか、そんな症状が出てきた自分の頑張った身体に感謝することも大切だと思っています。

最後に、、、

これだけははっきり言えることがあります。
「身体は嘘をつきません」
身体は常に治ろうとしてくれています。
今の辛い症状は身体からのメッセージです。
身体の声を聴いてあげましょう。

自然治癒力が正常に働き出せば、自然にあなた自身を治していきます。
症状の原因を取り除き、筋肉のバランスを整える。
諦めず、自分の身体の力を信じ続ければ、解決の道は必ず開けます。

日常生活の見直しと、整体施術の二人三脚で、解決のゴールへ向かいましょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

無痛整体・温灸 日日庵 安保 曜

ご案内

施術料金はこちらから
施術方法はこちらから

・お電話でのご予約
070-3336-2121

お休みの日や施術中は出られない場合がございます。留守電になりましたら「ホームページを見ました○○(お名前)です」とだけメッセージをお残し下さい。当日もしくは翌日には折り返しいたします

・メールフォームからのご予約(新規割引特典があります)
新規のご予約はこちら

・お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせフォーム