肩こり

その慢性的な肩こりお辛いですよね…。
「いつもパンパンに張っている」
「肩に何かが乗っている感じ」
「ひどくなると頭痛やめまいも」
このように肩こりに悩まれる方は非常に多いと感じます。
このページをご覧になられているということは、あなたも思い当たる節があるのではないでしょうか。

この肩こりが解消されるだけで、どれだけ日常が楽になることだろう…。

そのように、願うことかと思います。

しかし現状は、いくらマッサージ店へ行ったり自分で揉んだりしても、楽に感じるのはそのときだけ。
時間が経てば、また辛い状況に戻ってしまうのではないでしょうか。
また、対症療法の繰り返しだったり、何をやっても、辛い肩こりが解消されない方も多いようです。

それに対して、当院では根本解決を目指します。
どうか諦めずに希望をもって、このページをお読みいただければと思います。

肩こりの原因とは?

簡単に言うと、身体が本来の使い方として上手く使えていないことが原因です。

身体が悪いクセを学習してしまい、肩こりになる使い方が染みついてしまっています。

例えば、私たちが事務仕事や勉強などで、肩に力が入った姿勢を長時間続けていたとします。
すると身体がその姿勢を学習してしまい、意識して力を入れようと思わなくても、自然と力が入った状態になってしまいます。

知らず知らずのうちに肩に力が入ってきて、力を抜こうと思ってもなかなか抜けません。
意識とは関係なく、身体が筋肉に力を入れるように命令を出してしまっているからです。

こうなると、四六時中筋肉を使っていることになってしまいます。
休息をせず延々と活動し続けていれば、、、何かしらの不調が起きるのは当然です。

具体的には、、、
疲労物質がたまり、筋肉が硬くなり、硬くなることで血管が細くなり、血流が滞り、ますます疲労物質が排出できなくなる・・・という具合に悪循環が起こります。

さらに、脳への血流が不足することにより、頭痛やめまい、吐き気、いらいら、眼精疲労、集中力低下などの症状が起こるようになります。

これが肩こりの正体です。

揉んだら楽になる?

肩がこると、ぐいぐい揉みたくなりますよね。
また、誰かに肩を強く押してもらったり、揉んでもらったりしたご経験のある方も、少なくないと思います。

一時的には、楽になり、気持ちよくもなりますよね。

ですがコレ、実は逆効果だったりすることを、ご存知でしょうか?

筋肉の状態は、「脳からの命令」により、緊張したり弛んだりしています。

コリを感じている時の、脳から筋肉への命令は

「緊張しなさい」

という命令によるものです。

「緊張しなさい」という命令が下されたまま、筋肉を直接揉んだり押したりしたとします。

その時、筋肉の細胞自体は、“たるんだり”、“破壊された”ような状態になります。
一時的には楽になるかもしれません。

ですが、また筋肉の細胞が再生してくると、またコリが出てきます。

なぜなら
「緊張しなさい」という命令は、変わらないままになっているからです。

揉んでも揉んでも、どんどんコリが酷くなっている、と感じている方も多いと思います。
これは、筋肉への命令が変わっていない、このような理由から、起こるものなんです。

また、私たちの身体は、強い刺激に対して「攻撃を受けている」と判断し、身体に緊張をもたらします。
つまり、強く揉めば揉むほど、「緊張しなさい」という命令が、強くなっていく可能性が、非常に高いのです。

なぜ当院では刺激を弱くするのか

当院では「優しさ」「温もり」にこだわっている理由があります。

弱く柔らかい刺激によって、身体は安心します。
緊張という命令を脳が解除し、肩こりは根本から解消します。

その驚くべき効果を、あなたにも是非体験していただきたいと思います。

赤ちゃんをイメージしてみて下さい。

例えば泣いている赤ちゃんに対し、次のような行為をしたらそれぞれどうなるでしょうか?

•押す、叩く、つねる
•ゆらゆらと優しく揺らす、ポンポンと撫でる、さする

まず間違いなく、後者の方が安心し、落ち着くと思います。

顕在的な意識がまだ芽生えていない赤ちゃんがそうなるということは、人間の身体は本能的にそちらの方が安心し、落ち着くということです。

肩こり改善に向けて

1.まずは全身を調整します

身体は全身でバランスをとっています。
肩周辺の筋肉が緊張して硬くなっている原因は、必ずしもその部分だけにあるわけではありません。離れた場所の筋肉疲労が連鎖していることが往々にしてあります。

※例えば大腿部(太もも)を弛めることによって肩こりが解消する、ということもあります。

よって、まずは全身のバランスを整えます。
この時点で肩こりが大きく軽減されるケースも多いです。

2.より詳細な部分に焦点をあてて整えます

全身の調整をしても肩こりが軽減しない場合、その結果を踏まえ、より詳細な部分に焦点をあてて弛めていきます。

場合によっては「いつも感じる部分のコリは消えた。でも、今度は別の箇所の違和感が出てきた。」というケースもあります。
ひとつひとつ丁寧に原因を探り、弛めていきます。

3.正しいバランスを身につけます

最終的には、これまでの過緊張を弛めて解消すると同時に、正しい身体の使い方を身に着けていきます。

その際、負荷のかかりづらい姿勢や、生活のなかで大切にしてほしいことなど、日常生活に役立てるアドバイスをさせて頂くこともあります。