スマホメニューは右上のアイコンをタップ

ブログ

「恩送り」という言葉、ご存知ですか?

未分類

こんにちは、「日日庵」院長の安保 曜(あんぽ あきら)です。

今日は少し身体のこととは違う話をしてみます。




みなさんは、恩返しという言葉は聞いたことがあると思います。

では、恩送りという言葉をご存知でしょうか?

○恩送り
『誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。「恩」とは、めぐみ、いつくしみのことである。誰かから受けた恩を、自分は別の人に送る。そしてその送られた人がさらに別の人に渡す。そうして「恩」が世の中をぐるぐる回ってゆくということ。』




こんな記事を目にしたことがあります。

北海道新聞の切り抜きに、ある中年男性の投書がありました。
終電車の発車間際に切符なしで飛び乗り、
車掌さんが回ってきた時に、切符を買おうと
財布を出そうとしたが、財布がなかった。
小銭入れもない。
どこかで落としたのだろうか。
途方にくれたけれども、そのことを正直に車掌さんに言いました。
「すみません。明日、必ず営業所まで行きますから、
今日は乗せてください」
ところが、この車掌さん、よほど虫の居所が悪かったのかどうか、
許してくれない。
次の駅で降りろ、と言うのです。
次の駅で降りても家に帰る手段はない。
ホームで寝るにしては、北海道の夜は寒すぎる。
どうしようもなくて困っていたら、
横に座っていた同じ年格好の中年の男性が回数券をくれたんです。
お礼をしたいからと言って、その男性に名前や住所をたずねたけど、
ニコニコ手を振って教えてくれない。
最後は借りたことを忘れて、なぜ教えてくれないのかと文句を言ったら、
次のような話をしてくれたんです。
「実は私もあなたと同じ目にあって、
そばにいた女子高校生にお金を出してもらったんです。
その子の名前を何とか聞きだそうとしたけど教えてくれない。
『おじさん、それは私のお小遣いだから返してくれなくて結構です。
それより、今おじさんがお礼だといって私に返したら、
私とおじさんだけの親切のやり取りになってしまいます。
もし、私に返す気持があったら、
同じように困った人を見かけたらその人を助けてあげてください。
そしたら、私の一つの親切がずっと輪になって北海道中に広がります。
そうするのが、私は一番うれしいんです。
そうするようにって私、父や母にいつも言われてるんです』
と私に話してくれました。」



素晴らしいお話ですね。

これと似た内容の映画で「ペイ・フォワード」という洋画があります。

是非オススメです。




何が言いたいのかというと、

・人が喜ぶことをする
・人に感謝されるようなことをする
・恩は返すのではなく違う人へ送る
(見返りを求めず与えるだけ)

ということが身体にも心にも影響します。




自分と相手だけではその狭い2人の間だけで事が済んでしまいます。

恩送りは世の中を巻き込む行為です。

僕は微力ながらもこの話を聞いてから何か恩を受けたら違う誰かに送るようにしています。
(恩を受けた方には最低限のお返し、「ありがとうございます」などは言っています)

そして、この話をして次の人へも恩送りをしてもらうように伝えています。




人の欲は無意識で自分の都合の良いように考えてしまう癖があります。

それを少しでも変えていくと、自分の心の状態、もっと言うと人生が変わると思います。

決して強制ではありませんが(苦笑)、もし恩を受けた時が来たらこの話を思い出して頂けると幸いです(^^)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アクセス

温灸整体日日庵

住所

〒405-0016
山梨県山梨市大野1111

電話番号

070-3336-2121

駐車場

店舗前をご利用ください

来院地域

山梨市、甲府市、笛吹市、甲州市、大月市、都留市、中央市、南アルプス市、甲斐市、韮崎市、北杜市、富士吉田市、富士河口湖町、市川三郷町、昭和町、忍野村、静岡県富士市、富士宮市、長野県富士見町、原村…など