スマホメニューは右上のアイコンをタップ

ブログ

【自分軸を作る5つの考え方】

考え方

自分のこと

こんにちは(^^)日日庵です(^^)

自分軸、自分軸、と良く言いますが、

自分軸とは何でしょう?

自分の芯がしっかりしているようなイメージでしょうか。

他人の言葉や態度に振り回されないことでもありますね(^^)

僕自身、自分軸がしっかりしているかどうかはわかりませんが、

普段意識していることを書いてみました(^^)

何かヒントになることがあれば幸いです。

①判断は頭で決断はハートで(決断軸)

これは野球の野村克也(ノムサン)の言葉です。

「判断は慎重に決断は大胆に」という言葉がある通り、

「選択するときは自分で決断しているという認識を持つこと」

がひとつの軸となってくると思います。

②答えは探すものではなく自分で創るもの(創造軸)

これは堀江貴文(ホリエモン)の言葉から考えました。

答え探しは大事なことだと思いますが、

自分なりの答えを「創ること」もとても大事なことと思います。

自分の人生の答えは自分しかわからないのですから、

「自分で答えを創っていく」

「自分のレールを敷いていく」というイメージが良いと思います。

③「どうしたいか」よりも「どうなりたいか」(在り方軸)

「どうしたいか」という質問はよくありますが、

そこから「どうなりたいか」というところまで

掘り下げると見えてくるものが変わってくると思います。

最終的に「どう在りたいか」

自分が世の中や、相手にとって

「どうゆう存在でいたいのか」

というところが大事だと思います。

④自分のネガティブに向き合う

よくポジティブになろうとは言いますが、

僕はネガティブでも良いと思っています。

実際に僕は超ネガティブ&マイナス思考です。

でもネガティブだからこそのメリットが必ずあります。

そこを自分で見ずに、ポジティブになろうとする方が

嘘の自分ではないでしょうか?

自分のマイナス部分のメリットを考えてみると良いです。

ちなみに僕はネガティブだからこそ、ポジティブな考え方が出来てると思っています。笑

⑤「過去は反省」するもの」「未来はすでに決まっているもの」(過去と未来の捉え方軸)

過去を引きずってる人は多くいます。

でも、その過去があったから今があります。

「後悔は過去を振り返ること」(自分のしたことに縛られ軸がブレる)

「反省は未来という前を向くということ」(目標がはっきりするのでブレにくい)

この違いを認識しておくと、自分の行動や発言のひとつひとつが大切に思えてくると思います。

そして実は未来の記憶はすでにあります。笑

「未来の自分」が今を思い出しているのが「現在という世界」です。

ですので、すでに自分の未来はどうなるかは決まっちゃっています。

決まってる未来をどう足掻こうと決まっているので、身を任せるのみです。

変化することもできるし、変化できないこともあると思います。

生まれたときから、もっというと生まれる前から自分の未来は決まっています。

大きな変化があろうとなかろうと、

それはすでに「自分にとって必要だから起きてること」で、

「自分にとってベストなこと」です。

そう考えると大きな変化にも動じなくなると思います。

いかがでしたでしょうか?

これが必ずしも自分軸に繫がるかはわかりませんが、少しでもヒントになれば幸いです(^^)

大切なことを最後に書いておきます。

「自分軸は1日にして成らず」

「人は常に変化に順応し、そして自らも変化できるもの」

「誰かや何かに変えてもらおうとするのではなく、自分で変わること」

以上です(^^)

色んな考え方があると思いますので、質問などありましたら遠慮なくご連絡下さい(^^)

今日もお読み頂きありがとうございました。

感謝(^^)

アクセス

温灸整体日日庵

住所

〒405-0016
山梨県山梨市大野1111

電話番号

070-3336-2121

駐車場

店舗前をご利用ください

来院地域

山梨市、甲府市、笛吹市、甲州市、大月市、都留市、中央市、南アルプス市、甲斐市、韮崎市、北杜市、富士吉田市、富士河口湖町、市川三郷町、昭和町、忍野村、静岡県富士市、富士宮市、長野県富士見町、原村…など