スマホメニューは右上のアイコンをタップ

ブログ

【土用の丑の日は鰻よりも○○○○】

お灸

自律神経について

身体のことについて

「ほうろく灸」と言います(^^)

ほうろく(焙烙)灸とは…

ーーーーー

江戸時代、庶民の間では夏の土用の時期に灸をすえると良く効くと信じられていました。

土用に「ほうろく」という素焼きのお皿のようなものを頭に乗せ、その上に「もぐさ」をのせて点火し、

もぐさが燃え尽きるまで無病息災などの祈祷を行います。

「暑気払い」「頭痛封じ」「中風封じ」の祈祷として有名になったそうです。
(※ちなみに中風とは脳卒中後遺症や麻痺などのこと)

また、炎天下で暑さ負けした武将(武田信玄)が、カブトの上から灸をすえたところ、

たちどころに全快したのが、「ほうろく灸」という伝統行事になったとも伝えられています。

ーーーーー

頭の上の「百会(ひゃくえ)」というツボ。

ここめちゃくちゃ氣持ち良いです(^^)

頭の芯というか、カラダの芯までスーっと通る感じです。

明日の土用の丑の日はバタバタして出来ないので、

今日のうちに素焼きのお椀灸を使い、氣と身を引き締めました(^^)

これから梅雨明けになったり、炎天下の日々が続くと思いますので、

食事、胃腸の不調、心身の疲れなども、くれぐれもお氣を付け下さい(^^)

予防にはお灸がとても効果的です(^^)👍

心身のお休みにどうぞご利用下さい(^^)

アクセス

温灸整体日日庵

住所

〒405-0016
山梨県山梨市大野1111

電話番号

070-3336-2121

駐車場

店舗前をご利用ください

来院地域

山梨市、甲府市、笛吹市、甲州市、大月市、都留市、中央市、南アルプス市、甲斐市、韮崎市、北杜市、富士吉田市、富士河口湖町、市川三郷町、昭和町、忍野村、静岡県富士市、富士宮市、長野県富士見町、原村…など